30代・40代社会人でも遅くない1週間からのハワイ留学

▼目次

  1. 社会人留学がおすすめの3つの理由
  2. 社会人の短期留学にハワイがおすすめの3つの理由
  3. 社会人留学の成功2つカギ
  4. 社会人の留学タイプ別3つのプラン
  5. 社会人ハワイ留学体験者インタビュー

社会人留学がおすすめの3つの理由

理由①:英語力アップで収入もアップ

英語力別・年代別の年収額調査を行ったところ、男女ともに40代以降の年収の差は大きくなっていますが、特に女性の差が顕著になっており、50 代では約 3 倍の差。語学力が年収に与える影響は、特に男性よりも女性、年齢を重ねるごとに差が大きく開くことが明らかになっています。短期留学だけで飛躍的な英語力アップを望むことはなかなか難しいですが、英語環境で生活し、様々な国の人々と触れ合った経験は、今後の英語力アップの大きなモチベーションとなること間違いありません。

※Daijob社調べ引用:http://corp.daijob.com/pdf/news0918.pdf

理由②:多様な文化に触れて視野が広がる

留学中は、ハワイでの生活やクラスメートやルームメートとの交流を通じて、日本と海外の文化や価値観の違いに多く触れることになり、今まで思いもつかなかったアイデアが生まれたり、新たにトライしてみたいことが見付けられることもあります。積極的に多くの人とコミュニケーションを取るように心掛けることが留学成功の秘訣です。

理由③:自分のキャリアや人生を見つめ直す時間ができる

普段社会人として忙しく働いていると、追われたタスクをこなすことに精一杯で、今後のキャリアや自分の生きがいなどをじっくり考える時間がなかなかありません。一度他人にコントロールされない時間を持つことで、新たな未来を切り開くための良いきっかけとしましょう。

社会人の短期留学にハワイがおすすめの3つの理由

理由①:年間を通じて天候が良い

ハワイの一番の魅力はなんといっても天候です。コートやセーターなどかさばる洋服を持っていく必要がないので、スーツケースに余裕をもって渡航することができます。慣れない海外生活でストレスを感じることも多いと思いますが、常に温暖でTシャツ一枚で過ごせる環境は、ストレスを緩和してくれます。せっかくの貴重な時間を使って留学するなら、年間を通して気候に恵まれたハワイが一番!

理由②:治安が良い

海外滞在経験の少ない方が一番心配されるのは、やはり治安ではないでしょうか。避けるべきエリアをきちんと把握して生活すれば、アメリカ本土や他の国に比べて安全といえます。

理由③:緊急時でも安心、日本語対応の施設が多い

日本人観光客の多いハワイでは、病院やクリニックなど緊急時でも日本語対応してもらえる施設が多くあり、初めての海外留学に最適な留学先です。

社会人留学成功の2つのカギ

🔑目的・目標を明確に、渡航前の準備をする

帰国後にどのくらい英語力が伸びたかをはかるため、TOEICなどの英語検定試験を受験しておきましょう。帰国後英語力の何のスキルを伸ばしたいのか、スコアをいくつまで伸ばしたいのかなどを明確にしておきましょう。基礎的な文法に自信のない方は、中学英語を一通り見直すことをおすすめします。リスニングスキルに自信のない方は、シャドーイングをおすすめします。目標は帰国後のTOEICスコアなどだけでなく、「1日何人のローカルに話し掛ける」などでもよいでしょう。

🔑積極的に多くの人とコミュニケーションを取る

同じ人とばかりと一緒に過ごすのではなく、なるべく多くの人達とコミュニケーションを取りましょう。色々ななまりの英語に慣れることができるとともに、多く人の価値観・文化に触れることで、より多くのの刺激を得ることができます。色々な国の友達を作ることで、留学後その友達の国を訪ねるなど、その後の世界観が大きく広がります。

社会人の留学タイプ別3つのプラン

タイプ1:有給休暇や転職のギャップを利用した超短期集中留学(1週間~)

パシフィックブリッジアカデミーでは、1週間~4週間の短期集中で留学を検討されている方向けに、より効率的に留学の目的を達成頂くため、ご自身の留学の目的に合わせてレッスン内容やスケジュールをカスタマイズできるハワイ大学マノア校二言語取得研究科所属ハワイ英語学習プログラム(通称HELP)『カスタマイズプライベートレッスンプログラム』をおすすめしております。
滞在方法については、プライバシーを確保したいという方はホテル、費用を安く抑えたいという方にはホステルでの滞在を検討するとよいでしょう。ホステルは、様々な国からハワイに旅行に来ているルームメイトと交流することで、英語を上達させることができます。

【授業例1】
キャリアップのためビジネス英語を学びたい!
1日4時間月-金で2週間、マンツーマンレッスンの場合
授業料: $2,000 = $50×4時間×10日間

8:00-9:45
シチュエーション別ビジネス英会話(アポイントメント・ミーティング・提案・クレーム・面接等)
9:45-10:00
休憩
10:00-12:00
ビジネスメールライティング/プレゼンテーション
【授業例2】
海外大学進学のためTOEFLのスコアを上げたい!
1日4時間月-金で4週間、2名でのレッスンの場合
授業料: $2,800/1名 = $35×4時間×20日間

8:00-9:45
TOEFL語彙力強化/ライティング
9:45-10:00
休憩
10:00-12:00
TOEFLリスニング/スピーキング
【主な費用】
入学金
$75
授業料
1名 :1時間$50
2-4名:1時間$35
留学サポート料
12,960円

HELPについて詳しくはこちら

タイプ2:リフレッシュを兼ねた語学留学(1か月~3か月間)

パシフィックブリッジアカデミーでは、1か月~3か月のリフレッシュを兼ねた語学留学を検討されている方向けに、ハワイ大学の経験豊富な講師からアカデミック英語を学ぶことができるハワイ大学マノア校二言語取得研究科所属ハワイ英語学習プログラム(通称HELP)『アカデミックイングリッシュプログラム』をおすすめしております。
また、滞在方法については、ホームステイもしくは学生寮をおすすめしております。
下記日程に留学のタイミングが合わない場合は、タイプ1と同様のカスタマイズプライベートレッスンプログラムもしくは他の語学学校のプログラムをご提案させて頂きます。

【日程】
2019年の年間スケジュール
①1月7日~3月1日の8週間(月~木曜日, 週20時間)
②3月11日~5月3日の8週間(月~木曜日, 週20時間)
③5月13日~6月2日1の6週間(月~木曜日, 週20時間)
④7月1日~7月26日の4週間(月~金曜日, 週20時間)
⑤8月19日~10月11日の8週間(月~木曜日, 週20時間)
⑥10月21日~12月13日の8週間(月~木曜日, 週20時間)
【授業例1】
春/夏プログラムのBeginner(ビギナー)クラスの場合

8:30-9:35
リーディング基礎
9:45-10:50
ライティング基礎
11:00-12:05
リスニング・スピーキング
11:00-12:05
ライティング基礎
12:05-12:5
ランチ休憩
12:55-14:00
文法基礎
14:15-
フラダンスレッスンなどのアクティビティ(自由参加)
【授業例2】
春/夏プログラムのHigh-Intermediate(中上級)クラスの場合

8:30-9:35
リーディング中上級
9:45-10:50
ライティング中上級
11:00-12:05
リスニング・スピーキング
11:00-12:05
映画学習
12:05-12:5
ランチ休憩
12:55-14:00
TEOFLリスニング
14:15-
フラダンスレッスンなどのアクティビティ(自由参加)
【主な費用】
入学金
$125
授業料
$2,575(8週間)、 $1,975(6週間)、$1,775(4週間)
※登録費・ID e-mail費・教材費・テクノロジー&アクティビティ費を含む
留学サポート料
12,960円

※上記タイムテーブルはあくまでも1例です。プログラムにより、スケジュールが異なります。また学校の都合により、予告なく変更になる可能性がございます。

HELPについて詳しくはこちら

タイプ3:キャリアアップのためのMBA留学(2年間~)

パシフィックブリッジアカデミーでは、MBA留学を検討されている方向けに、ハワイ大学マノア校シャイドラービジネスカレッジ(Shidler College of Business)『GMBA/EMBAプログラム』をおすすめしております。
留学費用概算(学費+滞在費):800万円~
シャイドラーについて詳しくはこちら

社会人ハワイ留学体験者インタビュー


Hさん

年齢:31歳(留学当時)
性別:女性
留学期間:4週間
留学先:ハワイ大学マノア校二言語取得研究科所属ハワイ英語学習プログラム(HELP)
滞在方法:ホームステイ

Q:留学の目的は?

学生時代からずっと海外に一度住んでみたいと憧れを持っていましたが、学生時代は留学よりも学校の勉強や部活を優先して、留学など考えたこともありませんでした。そのまま周りの同級生と同じように就職をし、30歳という人生の節目に立った時、このまま夢を夢のままで終わらせてしまっていいのかと思い始めました。毎日忙しく一度立ち止まって自分の人生やキャリアを見直したいという気持ちが大きくなり、7年勤めた会社を辞めて、留学することに決めました。

Q:なぜハワイに決めたのか?

いとこの結婚式でハワイに行って以来、ハワイの湿気のない気持ち良い空気と開放感に心奪われ、もともと年1回ハワイ旅行をしていました。長くても1週間しか滞在したことがなかったので、いつか観光客が訪れないような場所やゆっくり他の島を訪れたりしたいと思っていたので、ハワイに決めました。

Q:他の学生にうまく溶け込めたか?

たしかに10代や20代の学生が多かったですが、私と同じように30歳を節目に留学を実現させた方や子育てを終えて自分のために時間を使いたいということで留学に来ている50代や60代の方もしばしば見掛けました。日本人は他の国の方と比べて若く見えますし、日本人ほど年齢を気にしていないので、心配したほど自分がクラスで浮くようなことはありませんでした。

Q:英語のレベル感は大丈夫だったか?

中学高校時代に文法はしっかり身に付けていたので、入学時のテストの成績は真ん中より上のクラスだったのですが、リスニングが苦手で、先生の話す内容を理解するのに少し苦労しました。先生から教わったシャドーイングを繰り返し行ったり、とにかく多くの人と話す機会を作ることで、後半は耳も慣れてきたのかダイブ理解できるようになりました。帰国後に受験したTOEICでも、リスニングスコアを大きく伸ばすことができました。

Q:留学前どんな準備をしたか?

仕事が忙しかったので、退職するまでは正直なかなか勉強の時間は取れませんでしたが、どのくらい英語力が伸びるか目安にしたかったので、TOEICを受験してから留学に出発しました。

Q:英語はどのくらい伸びたか?

留学前は英語を話し始める前に、文章を組み立ててから口に出していましたが、今は何も考えずにとりあえず口に出しながら文章にするという癖が付きました。言いたい英単語が思い出せなくても、簡単な表現で言い換えることで伝えることができるようになり、意思疎通に問題を抱えるような場面がほとんどなくなりました。

Q:オアフ島でおすすめの場所は?

ハワイ伝統料理が食べられる”Highway Inn”というレストランです。
写真右下の紫色のものは、”ポイ”というタロイモを蒸してすりつぶしたもので、ハワイアンの主食して食べられていたものだそうです。写真左下は、”ラウラウ”タロイモの葉で豚肉と白身魚を包み蒸した料理です。

“Highway Inn”公式HP
住所:680 Ala Moana Boulevard #105, Honolulu, HI 96813

Q:帰国後の就職は?

せっかく伸びた英語力を活かしたかったので、英語を使える仕事に絞って、就職活動をしました。未経験の業界でしたが、営業経験と英語スキルを買って頂き、外資系の企業に正社員で就職することができました。給与も留学前よりアップした内容でオファーを頂くことができました。毎日上司やお客様と英語でやりとりしているので、さらに英語力を伸ばすことができています。ハワイ留学に行っていなかったら、今の会社に就職できていないと思うので、あの時退職をしてでも留学の決断をして本当に良かったと思っています。